YouTube

YouTube(ユーチューブ)で動画を見ていると、画質が悪くなることってありませんか?
ひどいときだと、動画が途切れてしまうこともあります。

ここでは、

  1. 動画の画質が悪くなる理由
  2. パソコンで高画質の動画を見る方法
  3. スマートフォンで高画質の動画を見る方法

を紹介しています。

順番に説明していくので、原因がわからない方も目を通してみてください。

動画の画質が悪くなる3つの理由とは?

アイディア

YouTubeの動画の画質が悪くなる原因は、大きく分けて3つあります。
意外とシンプルな理由なので、あなたも今すぐチェックできます。

動画の画質が悪くなる理由とは、

  1. 回線速度が遅い
  2. スマホのブラウザで動画を見ている
  3. 動画が高画質に対応していない

の3つです。
1つずつ、詳しく説明していきますね。

回線速度が遅い

動画を見るときに大事なのが、今あなたが使っている回線の速度です。
回線速度が遅ければ、それに合わせて画質も悪くなってしまいます。

速度が遅くなることが多い回線は、この3つです。

  • スマホの4G回線
  • 休日のインターネット回線
  • 夜のインターネット回線

回線速度は一定ではなく、たくさんの人が使えば使うほど混雑して遅くなります。
この前までサクサク見れていたのに、急に動画が途切れることもあるかもしれません。

心当たりのある方は、動画を見るときの回線速度もチェックしてみてください。

動画配信サービスを快適に見れるネット環境・回線速度のまとめ

動画の再生が遅い・止まる原因はなに?困ったときの対処法を徹底解説

スマホのブラウザで動画を見ている

スマホでWi-Fiに繋いでいるのに画質が悪いなら、原因はブラウザの可能性もあります。

実はスマホのブラウザで動画を見ると、高画質で再生できません。
ブラウザとYouTubeアプリを比較すると、アプリのほうが高画質です。

いつもブラウザで動画を見ていた方は、試しにアプリで動画を再生してみてください。
画質に違いが出る理由は、スマホの項目で詳しく説明していきます。

動画が高画質に対応していない

ここまでの条件をクリアしても、高画質で動画を見れないことがあります。
そんなときは、動画そのものが高画質に対応していないかもしれません。

YouTubeの多くの動画は高画質に対応していますが、なかには中~低画質の動画もあります。

高画質で再生できるのは、高画質に対応した動画だけです。
もともとの画質が悪ければ、どうやっても高画質で見ることはできません。

こればかりは仕方がないので、残念ですがそのままの画質で視聴しましょう。
いろいろな画質の違いを詳しく知りたい方は、こちらもチェックしてみてください。

一覧表と動画で比較!SD・HD・フルHD・4Kの画質の違いと解説まとめ

パソコンで高画質の動画を見る方法

パソコンで高画質

それでは、パソコンで高画質の動画を見る方法を紹介していきます。

ここで説明しているのは、この2つの項目です。

  1. 回線速度が速ければ、自動で高画質になる
  2. 【カスタマイズ】動画をいつでも高画質にする方法

回線速度が速ければ、自動で高画質になる

YouTubeには、あなたの回線速度に合わせて画質を自動調整してくれる機能があります。

この自動調整の機能は、YouTubeでは最初から有効になっています。
特に気にしなくても、実は最適な画質になっているんです。

ここでの「最適な画質」とは、

  • 動画が途切れることが少ない
  • 途切れない範囲で、なるべくキレイな画質

ということです。

高画質でも、とぎれとぎれの動画ではストレスを感じてしまいます。
そこで、なるべく途切れない範囲でキレイな画質に調整されます。

回線が高速なら、その分だけ画質もずっとキレイになります。
逆に回線速度が遅ければ、途中で途切れないように画質が落とされてしまいます。

動画再生と回線速度は、切っても切れない関係です。
YouTubeのシステムで、うまくバランスを取っていると言えます。

【カスタマイズ】動画をいつでも高画質にする方法

人によっては、自動調整がちょっと面倒に感じるかもしれません。
そこで、常に最高画質で動画を見れるようにする方法も紹介します。

ただし、この方法ではかなり速い回線速度が必要です。
もし回線速度が遅くなったら、動画がとぎれとぎれになる可能性もあります。

この方法を使うかどうか、あなたの環境に合わせて考えてみてください。

Google Chromeの拡張機能を使う

Chromeで高画質

あなたがGoogle Chromeを使っているなら、拡張機能を使えば常に高画質で再生できます。

YouTubeのための自動HD再生機能」という拡張機能が、使いやすくておすすめです。

Chromeに追加すれば、設定しなくても高画質で再生されるようになります。
細かく設定もできるので、自分好みの画質にしたいときに使ってみてもいいかもしれません。

Firefoxのアドオンを使う

Firefoxで高画質

Firefoxにも、YouTubeを高画質で見ることができるアドオンが用意されています。

YouTube High Definition」というアドオンが、使いやすくておすすめです。

このアドオンも、追加するだけで高画質で再生されるようになります。
そのままでも使えるし、好きなように画質を設定することも可能です。

スマートフォンで高画質の動画を見る方法

スマホで高画質

次に、スマートフォンで高画質の動画を見る方法を紹介していきます。

ここで説明しているのは、この3つの項目です。

  1. 高画質で見るならYouTubeアプリを使おう
  2. ブラウザとYouTubeのアプリって、なにか違いはあるの?
  3. 【注意】通信制限には気をつけよう!

高画質で見るならYouTubeアプリを使おう

まず結論としては、アプリのほうがブラウザよりも高画質で再生できます。

Wi-Fiで高速通信ができるなら、ぜひアプリでYouTubeを視聴してみてください。
アプリなら最高画質で再生できるので、どの動画もベストクオリティで見ることができます。

ただし、これは高速通信できることが前提です。
回線が遅いときは、それだけ画質が落ちてしまうのはパソコンと同じです。

スマホで高速通信するなら、Wi-Fiはほぼ必須と言えます。
もしWi-Fiに興味があれば、こちらも参考にしてみてください。

動画配信サービスでWi-Fiを使う2つの方法

ブラウザとYouTubeのアプリって、なにか違いはあるの?

ブラウザとYouTubeのアプリって、どんな違いがあるのか知っていますか?

ここでは、簡単に2つの違いを説明します。

スマホのブラウザで動画を再生するとき

スマホのブラウザでは、動画を再生するときにはブラウザ内蔵のプレイヤーを使います。
ブラウザで動画を再生するためのものなので、最低限の機能しかありません。

YouTubeの画質を切り替える機能も、スマホのブラウザでは十分に発揮できません。
最高画質で再生できないので、どうしても低画質で見ることになってしまいます。

ブラウザで動画を見るときは、画質にはこだわらないようにしましょう。
画質にこだわらなければ、問題なく動画を見ることができます。

アプリで動画を再生するとき

YouTubeのアプリは、動画を見るために必要な機能がしっかりと備わっています。
高画質にも対応しているので、スマホでもかなりキレイな画質で再生できます。

Wi-Fiに繋がっていれば、あなた自身が画質を調整することも可能です。

また、画質だけでなく

  • 履歴の管理
  • チャンネルの管理
  • 再生リストの管理

などの機能もすべて揃っています。
じっくりYouTubeを楽しむなら、アプリのほうがずっと使いやすいと思います。

ブラウザやアプリで動画を見るときは、たとえばこんな使い分けをすると便利です。

ブラウザ
動画を軽く見たいとき
ネットで偶然見つけた動画を再生したいとき
アプリ
じっくり動画を見たいとき
高画質・高機能なプレイヤーで動画を再生したいとき

【注意】通信制限には気をつけよう!

スマホで動画を見るときは、通信制限には十分に注意してください。
というのも、動画はかなり容量が大きいです。

たとえ低画質で再生したとしても、気づいたら大量に通信していることもあります。
スマホ回線は通信量に厳しいので、ずっと動画を見ていると制限にかかりやすくなります。

当たり前と感じるかもしれませんが、長時間の動画再生はやめておくのが一番有効な対策です。

もしWi-Fiがあれば、動画を見るときにはなるべくWi-Fiに繋げておくようにしましょう。

【まとめ】PC・スマホなら高画質な動画が見れる

高画質

YouTubeは自動で画質を調整してくれるので、誰でもカンタンに高画質で見ることができます。
パソコンでもスマホでも、条件さえクリアできればOKです。

高画質で動画を見る条件をまとめると、こんな感じです。

高画質の条件
パソコン 動画が高画質に対応している
回線速度が速い
スマホ 動画が高画質に対応している
回線速度が速い
YouTubeアプリで再生する

パソコンで常に高画質にする方法と注意点

パソコンの場合は、拡張機能やアドオンで無理やり画質を上げることもできます。
ただし、動画がとぎれとぎれになることもあるので注意してくださいね。

拡張機能やアドオンを使わなくても、回線速度が速ければ自動で高画質になります。
どうしても常に高画質にしたい方だけ、この方法を使ってみてください。

もう一度くわしい方法をチェックするなら、こちらからどうぞ。

【カスタマイズ】動画をいつでも高画質にする方法

スマホは通信制限に気をつけよう

スマホの場合は、動画の再生による通信制限に気をつけてください。
動画だと、どうしても通信量が多くなってしまいます。

どんな動画を見るかで違いますが、いつの間にか数GBもの通信が発生することもあります。
気づいたら制限にかかっていることもあるので、見すぎには注意しておきましょう。

4G回線で接続しているときは、YouTubeなら自動で低画質に調整されます。
低画質なら通信を節約できるので、そのまま再生しても大丈夫です。

Wi-Fi通信を使うのも、動画を見るときにオススメの方法です。
Wi-Fiなら高画質の動画も見れるので、使ったことがない方は導入も検討してみましょう。

動画配信サービスでWi-Fiを使う2つの方法

あなたの環境に合わせて画質を調整しよう

高画質の動画はとてもキレイですが、それだけ高速な回線も必要です。
通信量も多いので、あなたの環境に合わせて画質を調整するのがいいと思います。

そう考えれば、YouTubeの自動調整はとても便利な機能ですよね。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
あなたの疑問や悩みは解消できたでしょうか?

ほかにも動画サイトの情報を紹介しているので、興味があればチェックしてくださいね。

動画配信サービス(VOD)の情報まとめ

動画配信サービスの情報まとめでは、さまざまなコンテンツをぎゅっと凝縮しています。
ここに目を通しておけば、動画の疑問や困ったこともすぐに解決できるでしょう!

  1. 優しい動画配信サービスの始め方
  2. やめたいときはすぐに解約できるの?
  3. 動画配信サービスをジャンル別に比較する
  4. 動画配信サービスの口コミ評判をチェックする
  5. 診断テストで自分に合った動画配信サービスを探す