Apple TV

Apple TVは、テレビに繋げて利用する外部デバイスです。
Apple TVを使うことで、いろいろなアプリをテレビの大画面で使うことができます。

ここではApple TVに対応している動画配信サービス(VOD)を一覧表でまとめて、どんな使い方ができるのか紹介しています。

  • Apple TVで動画配信サービスを見たい方
  • Apple TVと他の外部デバイスを比較したい方
  • 使い方やメリットを知りたい方

に向けて、分かりやすく説明していきます。

Apple TVが使えるVOD一覧表

それではさっそく、Apple TVが使える動画配信サービスを一覧表で紹介します。
すべてApp storeでアプリの対応を確認しているので、安心してご覧ください。

サービス名をクリックすると、各種サービスの特徴や口コミをチェックできます。

サービス名 無料お試し期間 一言コメント
Hulu 2週間 洋画・海外ドラマに強い
dTV 31日間 安価でラインナップが豊富
(Apple TV 第4世代のみ対応)
DAZN 1ヶ月間 スポーツ専門・サッカーに特化
観劇三昧 登録無料
無料動画あり
舞台・演劇専門
Netflix 1ヶ月間 オリジナルコンテンツに特化
au ビデオパス 30日間 auユーザー限定・手軽さ重視

Apple TVの容量と料金

Apple TV

Apple TVは容量が32GBと64GBの2種類から選べます。
違うのは容量だけで、スペックや性能はどちらも同じです。

Apple TV(32GB)
15,800円(税別)
Apple TV(64GB)
20,800円(税別)

普通に利用するぶんには、32GBでも問題ないでしょう。
大量のアプリや、容量の大きいアプリを入れる方は64GBのほうがいいかもしれません。

  • Amazon Fire TV
  • Chromecast

に比べて、価格はかなり高めです。
Appleらしい高級機と言えそうです。

Apple TVを使えるVODは少ない

一覧表を見て、意外と使えるVODが少ないと思った方も多いのではないでしょうか?

実際にそのとおりで、Apple TVが対応している動画配信サービスはかなり少ないです。
参考までに、他の外部デバイスの対応状況をまとめます。

Amazon Fire TV
11種類の動画配信サービスに対応
クロームキャスト
8種類の動画配信サービスに対応

Apple TVが対応しているVODは6種類です。(2017年9月22日現在)

Apple TVは他と比べて価格も高いので、動画配信サービスを見るにはあまり向いていません。

Apple TVを使うには、Apple IDが必要

Apple TVを使うには、Apple IDを取得しなければいけません。

もともとApple製品を使っている方以外には、ちょっと面倒で使いづらいかもしれません。

アップルサービスと連携できるのが、Apple TVの大きなメリットだと思います。
そう考えると、動画配信サービスの対応はあまり積極的ではないような気もします。

動画配信サービスを見るならなにを使えばいいの?

Amazon Fire TV

それでは、どんなデバイスが動画配信サービスに向いているのでしょうか?

ほかの選択肢として、

の2つが有名で使いやすいデバイスです。

Fire TVやクロームキャストでも使いたいアプリが対応しているなら、そちらを購入したほうが出費は安く済みます。

Fire TVとクロームキャストは対応しているVODの種類に違いがあります。
どのVODを使うか決まっている方は、そのVODに対応しているデバイスを選びましょう。

動画配信サービスがまだ決まっていない方には、当サイトではFire TVをおすすめしています。

特におすすめなのはFire TV Stick

特におすすめで使いやすいのは、Fire TV Stickです。

11種類のVODに対応していて、価格も5,000円以下です。
設定や使い方もすごく簡単で、コンパクトなので場所も取りません。

もっと高い機種も用意されているので、希望に合わせて価格と性能を選ぶこともできます。

  • どの動画配信サービスにするか迷っている
  • できるだけ外部デバイスの価格を安くすませたい
  • 価格と性能のコストパフォーマンスが良いものを使いたい

といった方に向いています。

Fire TV Stickの特徴と対応VOD一覧表はこちら

Apple TVをおすすめできるのはどんな人?

Apple TVは、iOSをベースとしたさまざまなアプリに対応しています。
それは動画配信サービスだけでなく、ゲームや便利ツールなどたくさんの種類があります。

動画だけでなく、アプリケーションの総合管理デバイスと考えたほうが良いかもしれません。

  • Apple TVだけでしか使えないアプリを使いたい
  • Appleのデザインや使いやすさに価値を感じる
  • すでにApple IDを持っていて、Apple製品で統一したい

といった方にApple TVは向いていると思います。

【まとめ】Apple TVは動画以外も楽しめる高級機

アップル

Apple TVは、できることが多くて性能が高いデバイスです。
その性能やブランドと引き換えに、他と比べて価格も高くなっています。

アップルは安売りなどはせず、高級なデザイン機器でブランドを築き上げています。
高級志向で、デザイン重視の方にこそ受け入れられるデバイスでしょう。

動画配信サービスを見るならどうすればいいの?

VODを楽しむなら、まずはデバイスが対応しているサービスをチェックしてみてください。

Apple TVは、対応している動画配信サービスの数がかなり少ないです。
VODの種類によっては、他のデバイスにしなければいけないかもしれません。

チェックするポイントは、

  1. 使いたいデバイス
  2. 対応している動画配信サービス
  3. デバイスの価格と性能

の3つです。
この3つをチェックしながら、どれを選ぶのか検討してみてください。

どの動画配信サービスが一番おすすめ?

動画配信サービスにも、たくさんの種類があります。
デバイスだけでなく、どのVODにするか迷ってしまうかもしれません。

そんなときは、当サイトでまとめているVOD情報をチェックしてみてください。
さまざまな動画配信サービスを、いろいろな角度から比較することができます。

すこしでも興味がある方は、気になるページをブックマークしておくと便利です。
情報をチェックしたくなったときに、いつでもまた見に来てくださいね。

動画配信サービス(VOD)の情報まとめ

動画配信サービスの情報まとめでは、さまざまなコンテンツをぎゅっと凝縮しています。
ここに目を通しておけば、動画の疑問や困ったこともすぐに解決できるでしょう!

  1. 優しい動画配信サービスの始め方
  2. やめたいときはすぐに解約できるの?
  3. 動画配信サービスをジャンル別に比較する
  4. 動画配信サービスの口コミ評判をチェックする
  5. 診断テストで自分に合った動画配信サービスを探す