テレビ

有料放送にはいくつかの種類がありますが、どんな特徴があるか知っていますか?

このページでは、有料放送をそれぞれ比較してどんな特徴があるのかまとめています。

有料放送のメリット・デメリットや、動画配信サービスも紹介しています。
良いところ、悪いところを知って、快適に動画を楽しみましょう!

3つのオススメ有料放送

テレビ

それでは、有料放送を3つ紹介していきます。

ここでまとめている有料放送は、以下の3つです。

  1. 【WOWOW】料金プランがシンプルでわかりやすい
  2. 【スカパー!】たくさんのチャンネルとプランがある
  3. 【ひかりTV】光回線を使うので安定性が高い

それぞれ違いがあるので、あなたの好みに合わせて自由に選ぶことができます。

【WOWOW】料金プランがシンプルでわかりやすい

WOWOWはプランが1つだけなので、他と比べてとてもわかりやすいです。
料金もそれほど高くないので、悩まずに加入できるのが良いところですね。

豊富なジャンルが揃っているので、有料放送の良さを十分に楽しむことができます。

有料放送のなかでは、料金が安いうえに違約金もかかりません。
それでいてたくさんの番組を見れるので、3つのなかでは一番オススメです。

WOWOWの特徴と口コミ評判はこちら

【スカパー!】たくさんのチャンネルとプランがある

スカパーはWOWOWとは違って、たくさんのプランが用意されています。

チャンネル1つから選ぶこともできるし、ジャンルなどのセットから選ぶこともできます。

プランがたくさんあるので、WOWOWよりも複雑に感じる方もいるかもしれません。
また、チャンネルによってはかなり高額になります。

3つのなかではプランの調整がしやすいですが、一番高額になりやすいので注意が必要です。

スカパー!の特徴と口コミ評判はこちら

【ひかりTV】光回線を使うので安定性が高い

ひかりTVの最大の特徴は、アンテナではなく光回線を使うところです。

アンテナは天候によって映像が乱れたりしますが、ひかりTVではそういった心配がありません。

スカパーと同じように、チャンネル数もたくさんあります。
ただし、料金はちょっと高めです。

基本料金のほかに、専用チューナーのレンタル料もかかります。
専用チューナーがなければ見られないので、アンテナの代わりみたいなものですね。

スカパーよりは安いけどWOWOWよりは高い、くらいの金額と考えればいいかもしれません。

プランが複数あるので、気になるジャンルだけを選ぶこともできます。

ひかりTVの特徴と口コミ評判はこちら

有料放送のメリット

有料放送には、地上波テレビにはないメリットがあります。
料金は高めですが、メリットに価値を感じる方は使ってみても良いかもしれません。

番組数・チャンネル数が豊富

有料放送の最大の特徴が、番組とチャンネルの豊富さです。

地上波テレビよりもずっとラインナップが豊富で、ここでしか見られない番組もあります。
地上波テレビに飽きてしまった方でも、新鮮な気持ちで番組を見ることができます。

ジャンルごとの専門チャンネルもあるので、見たいジャンルを集中して見ることもできます。

テレビの使用感がそのまま

有料放送は、地上波テレビのチャンネルをさらに拡張するイメージです。
なので、使用感はテレビとほとんど変わりません。

今までのテレビに慣れている方でも、そのままの感覚で使うことができます。

ただし、チャンネルによっては録画ができない場合があります。
録画ができない理由は、コピーガードがかけられているからです。

コピーガードを外すことは違法なので、録画できないときは諦めるしかありません。

有料放送のデメリット

有料放送には、メリットと同時にデメリットもあります。
使ってみないと気づかないこともあるので、事前にチェックしておきましょう。

月額料金が高い

最大のデメリットは、月額料金が高いことです。

3つのなかで安く見ることができるWOWOWでも、月額2,300円(税抜)です。
高いプランやチャンネルに加入すると、月額6,000円以上になる場合もあります。

ちなみに、動画配信サービスの場合は月額500~2,000円くらいです。

比較してみるとわかりますが、有料放送はかなり割高です。

配線されている場所でしか見れない

有料放送はテレビと同じように、アンテナやチューナーから線を引き込みます。

配線されているテレビでしか見られないので、見られる場所は限られてしまいます。
外出先で見ることもできないので、便利さはあまり感じられないかもしれません。

番組表で決まった時間にしか見れない

地上波テレビと同じデメリットとして、番組表で決まった時間にしか見ることができません。

時間に拘束されるので、忙しい人ほど見たい番組を見られなくなってしまう可能性があります。

録画できない番組の場合は、完全にテレビに時間を奪われてしまいます。
なるべく時間に余裕のある方でないと、十分に楽しむことができないかもしれません。

【まとめ】有料放送とVODも比較してみよう

テレビ

ここまで3つの有料放送と、メリット・デメリットについて説明してきました。
有料放送は、

  • たくさんのチャンネルを見たい
  • テレビの感覚そのままで見たい
  • 月額料金がすこし高めでも構わない
  • 時間に余裕がある
  • 家だけで番組を見る

といった方におすすめです。
地上波テレビのチャンネルをさらに拡張できるのが、有料放送の特徴です。

もともとテレビが大好きで、その感覚のまま使いたい方にこそ向いていると思います。

有料放送はちょっと高く感じる方へ

有料放送は、月額料金がちょっと高めなのが残念なところです。

動画配信サービス(VOD)は、もっと安くて便利に動画を見ることができます。

  • もっと安くてたくさんの動画を見たい
  • 時間に縛られずに動画を見たい
  • 家でも外でも動画を楽しみたい

といった方には、VODのほうがおすすめです。

VODと有料放送はどっちが安いの?格安で動画を見る賢い選び方

動画配信サービスってなにができるの?

動画配信サービスは、インターネット上で動画を配信しているサービスです。
豊富なジャンルの動画が配信されていて、見放題の作品もたくさんあります。

番組表がないので、時間に縛られることがありません。
いつでもどこでも、好きなときに好きな動画を見られるのが特徴です。

マルチデバイスに対応しているので、

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット
  • テレビ

などのさまざまなデバイスで動画を見ることができます。

VODはどんな機器で使えるの?デバイスごとの特徴や使い方を解説!

有料放送よりも安いって本当?

VODは月額500~2,000円くらいから選べるので、有料放送よりもかなり割安です。

ほとんどの動画配信サービスには、2週間~1ヶ月くらいの無料のお試し期間があります。
実際にお試ししてから検討できるので、お金をかけずにチェックできます。

まずはVODを試してみて、合わなければ有料放送を検討するほうがいいかもしれません。

動画配信サービスに興味がある方は、VODの情報まとめをチェックしてみてください。

動画配信サービス(VOD)の情報まとめ

動画配信サービスの情報まとめでは、さまざまなコンテンツをぎゅっと凝縮しています。
ここに目を通しておけば、動画の疑問や困ったこともすぐに解決できるでしょう!

  1. 優しい動画配信サービスの始め方
  2. やめたいときはすぐに解約できるの?
  3. 動画配信サービスをジャンル別に比較する
  4. 動画配信サービスの口コミ評判をチェックする
  5. 診断テストで自分に合った動画配信サービスを探す