高画質

動画配信サービス(VOD)を見るときに、いろいろな画質がありますよね。
SD・HD・フルハイビジョンなど、この画質の違いって知っていますか?

このページでは画質の違いを一覧表でまとめて、動画でわかりやすく比較しています。

言葉だけでは伝わらないことも、動画を見ればすぐにわかると思います。
今まで画質の違いがわからなかった方も、ぜひ動画を見ながら比較してみてください。

【一覧表でチェック】画質の違いと比較まとめ

まずは、動画の画質を一覧表でまとめます。
ここでは、動画でよく使われている

  • SD画質
  • HD画質
  • フルHD画質
  • 4K画質

について説明しています。

画質 別名 解像度
SD
(標準画質)
480p 720×480
HD
(ハイビジョン)
720p 1280×720
フルHD
(フルハイビジョン)
1080p 1920×1080
4K 2160p 3840×2160

ちなみに、記録メディアの画質はこんな感じです。

DVD
SD画質
ブルーレイ
フルHD画質

よくブルーレイは綺麗といわれますが、これだけ画質に差があればやっぱり違いますよね。

百聞は一見にしかず!動画で画質を比べてみよう

画質の違いは、実際に見てみるのが一番わかりやすいです。
ここでは、画質を比較している動画をまとめています。

今まで違いがよくわからなかった方も、この比較動画ならすぐに違いがわかると思います。

動画を見るときの注意点

画面が小さかったり、解像度が低い画面では違いが分かりにくいことがあります。
通信速度が遅いときには、自動的に画質が落ちてしまうこともあります。

動画で画質を比較するときは、全画面で見るのが分かりやすくてオススメです。

パソコンで見る場合
動画を再生してから、右下の四角のボタンで全画面にできます。
スマホで見る場合
画面を横にすれば、全画面で見ることができます。

フルHDとSDを動画で比較

フルHDは、細かい部分もかなりハッキリとしています。
それに対して、SDはいろいろなところがぼやけて見えにくいです。

HDとSDを動画で比較

HDはすこしだけぼやけますが、それでも十分に見やすいです。
SDはやっぱり全体的にぼやけて、焦点が合っていないような感じです。

1080pと1080iの違いって?

1080pや1080iなど、数字のあとにpとかiが付いているのを見たことありませんか?

これって、実はちゃんと意味があるんです。

まず気になることとしては、「どちらのほうが画質が良いのか」ということだと思います。
答えは、pのほうが高画質です。

1080pと1080iだったら、1080pのほうが画質が良いということになります。

pとiの意味とは?

それでは、pとiの意味について説明します。
くわしく説明すると複雑になるので、ここでは簡単な説明だけです。

pとiは、画質の用語を省略したものです。
本当の名前は、

  • p=プログレッシブ
  • i=インターレース

と呼ばれています。

プログレッシブは、1コマすべての映像が順番に描かれていきます。
インターレースは、1コマの映像を1つ飛びで描いています。

順番と1つ飛びでは、最終的に2倍もの画質の差が出るということです。

これだけではわかりにくい方もいるかと思うので、こちらも解説動画を紹介します。
言葉だけではわからなかった方も、動画ならすぐにわかるはずです。

プログレッシブとインターレースの解説動画

高画質に対応している動画配信サービスはどれ?

高画質

画質の違いについて、わかっていただけましたか?
ここでは、高画質に対応している動画配信サービス(VOD)について説明していきます。

動画配信サービスはたくさんありますが、高画質に対応しているところはまだ多くありません。
もし動画を高画質で見たいときは、ちゃんと対応しているVODを選ぶ必要があります。

当サイトでは、フルHDから4Kまでの動画を配信している動画配信サービスをまとめています。

高画質化を進めているVODでは、ほとんどがフルハイビジョンで配信されています。
4Kに対応開始したVODもありますが、まだまだ動画の数は少ないです。

こちらのページでチェックできるので、興味がある方はご覧ください。

高画質の動画配信サービスはどれ?フルHDから4Kまで対応のVODまとめ

高画質な動画のデメリットとは?

高画質のデメリット

ここまで画質について説明してきましたが、どこまで画質にはこだわるべきでしょうか?
高画質のデメリットを知って、どこまで画質にこだわるのか考えてみましょう。

もちろん高画質であればあるほど、綺麗で見やすいので魅力的です。
ただし画質が上がれば上がるほど、動画の容量も増えていきます。

DVDは4.7GBまでしか保存できませんが、ブルーレイはなんと25GBも保存できます。
ここまで容量が増えないと、フルHDは入り切らないということです。

動画配信サービスにはどんな影響がある?

動画配信サービスでも同じで、画質が上がれば上がるほど通信量が増えます。

家のインターネット回線なら、通信量が増えても特に気にならないと思います。
ですが、スマホ回線ではどうでしょうか?

通信量が増えすぎれば、通信制限にかかってしまうこともあります。
スマホで見るときは、SD画質くらいで見るようにすれば制限にかかりづらくなります。

画質の自動調整で通信量を節約する

ほとんどの動画配信サービスでは、画質の自動調整に対応しています。
なので、スマホ回線では自動的にSD画質に調整されている場合もあります。

動画ダウンロード機能で通信量を節約する

動画配信サービスによっては、動画のダウンロード機能もあります。
あらかじめダウンロードしておけば、高画質でも通信量を節約できます。

一部のVODだけの機能なので、使いたい場合は対応しているVODを選ぶ必要があります。

当サイトでは、ダウンロード機能があるVODも一覧でまとめています。
興味がある方は、こちらからチェックしてみてください。

オフラインで見れるVODはどこ?ダウンロード対応のサービス一覧表

【まとめ】画質の違いがわかれば比較しやすい

画質の違いと比較

ここまで

  • 画質の種類と違い
  • 高画質に対応している動画配信サービス
  • 高画質のデメリット

について説明してきました。

画質について知っていれば、どのくらいの画質がちょうどいいのか判断できると思います。
高画質にはメリット・デメリットがあるので、どちらも比較してみるといいかもしれません。

  • とことん高画質にこだわる
  • あえて低画質で通信量を節約する
  • 両方ともうまく使いこなす

どの方法も、それぞれ良いところがあります。
画質にこだわらず、別の基準で探すのだってもちろんOKです。

ひとつの判断材料として、画質があるだけです。
動画配信サービスは、あなた自身の希望や好みに合わせて使うのがベストだと言えます。

ぜひあなたに合った動画配信サービスを使って、毎日を楽しく有意義に過ごしてくださいね。

高画質に対応した動画配信サービスをチェックしてみる

画質以外のところも比較したい方へ

動画配信サービスは、画質以外にも

  • ジャンル
  • 使い方
  • 料金の安さ

など、いろいろな角度から比較することができます。

当サイトでは、さまざまな動画配信サービスの情報をわかりやすくまとめています。
比較しやすいようにわけてあるので、好みに合わせてチェックできます。

興味がある方は、VODの情報まとめから気になるメニューを選んでみてください。

まだ決めきれない方は、気になるページをブックマークしておくと便利です。
いつでもまた見に来てくださいね。

動画配信サービス(VOD)の情報まとめ

動画配信サービスの情報まとめでは、さまざまなコンテンツをぎゅっと凝縮しています。
ここに目を通しておけば、動画の疑問や困ったこともすぐに解決できるでしょう!

  1. 優しい動画配信サービスの始め方
  2. やめたいときはすぐに解約できるの?
  3. 動画配信サービスをジャンル別に比較する
  4. 動画配信サービスの口コミ評判をチェックする
  5. 診断テストで自分に合った動画配信サービスを探す