iPhoneとタブレット

動画配信サービス(VOD)は、パソコンのほかにスマホ・タブレットでも見れるのが特徴です。
iOS対応のVODは、アプリやブラウザ(Safari)から動画を見ることができます。

このページでは、iPhone・iPadのiOSに対応している動画配信サービスを一覧表でわかりやすくまとめました。

一覧表のほかに、

  • アプリ・ブラウザ(Safari)の違い
  • アプリ・ブラウザ(Safari)の特徴やメリット
  • 動画のダウンロード機能
  • スマホに向いている動画配信サービス

について説明しています。

iPhoneやiPadを使っている方、動画配信サービスに興味がある方はチェックしてみてください。

アプリが配信されているVOD一覧表

アプリ

それでは、iPhoneやiPadに向けてアプリが配信されているVODを一覧表で紹介します。

数が多いので、

  • 特に人気の動画配信サービス5社
  • その他の動画配信サービス11社

で分類してあります。

特に人気のあるVOD5社

人気のVOD5社は業界内でシェアが特に大きく、利用者の満足度も高いサービスです。

  • 映画
  • ドラマ
  • アニメ

などのメジャーなジャンルを、まんべんなく観たいときにはここをチェックしてみてください。

サービス名 無料お試し期間 一言コメント
U-NEXT 31日間 サービスレベル・満足度が高い
Hulu 2週間 洋画・海外ドラマに強い
dTV 31日間 安価でラインナップが豊富
Amazonプライムビデオ 30日間 Amazonサービスもお得になる
TSUTAYA TV/DISCAS 30日間 VODと宅配レンタルを併用可能

その他VOD11社

その他のVOD11社は、人気のVODに比べて個性が強いところが多いです。

ひとつのジャンルや使い方に特化、もしくは専門で扱っていたりします。
観たいジャンルがハッキリと決まっている方は、こちらから選んでも良いかもしれません。

サービス名 無料お試し期間 一言コメント
ビデオマーケット 初月無料 PPV(個別課金)に特化
フジテレビオンデマンド 31日間 フジテレビのドラマに特化
DMM 見放題chライト 2週間 パチ・スロ・アイドル・R-18作品に特化
dアニメストア 31日間 アニメ専門
スポナビライブ 1ヶ月間 スポーツ専門
DAZN 1ヶ月間 スポーツ専門・サッカーに特化
KOCOWA 登録無料
無料動画あり
韓国コンテンツ専門
観劇三昧 登録無料
無料動画あり
舞台・演劇専門
Netflix 1ヶ月間 オリジナルコンテンツに特化
au ビデオパス 30日間 auユーザー限定・手軽さ重視
楽天TV 登録無料
無料動画あり
楽天サービスとの連携が得意

アプリとブラウザ(Safari)ってなにか違うの?

動画配信サービスを利用するときは、

  • アプリ
  • ブラウザ(Safari)

のどちらでも動画を見ることができます。

2つにどのような違いがあるのかというと、機能や見れる動画の種類が違います。

すごくざっくりと説明すると、

  • アプリは、動画の再生がしやすいように作られている
  • ブラウザは、パソコンで見るときと同じように使える

という感じです。

アプリは再生しやすいように作られているので、メニューの一部が省略されていたりします。
一部の操作は、ブラウザじゃないとできない場合があります。

反対に、ブラウザではすべての会員メニューが表示されます。
アプリほどサクサクではありませんが、VOD本来の会員メニューにアクセスできます。

Safari以外のブラウザでは動画が見れるの?

Safari以外のブラウザは、おそらく動画の対象外になっていると思います。

ほとんどのブラウザで再生はできますが、動作の保証はされていません。
ほかのブラウザで再生に不具合があるときは、Safariや専用アプリを使うようにしましょう。

アプリとSafariはどっちで見るのが便利?

タブレットで見る

アプリとSafariは、それぞれにメリット・デメリットがあります。
前の項目でもかるく説明しましたが、

  • 再生のしやすさ
  • 会員メニューの表示

がそれぞれ違います。

そのほかにも、サービスによっては

  • 動画のダウンロード機能
  • アプリで制限されてしまう動画

などの違いもあります。

どんなときにアプリやSafariが便利なのか、機能などを比べながら見ていきましょう。

アプリはサクサク動画再生ができる

アプリの場合は、ブラウザよりもずっとスムーズに操作できます。
動画の再生がメインなので、快適に見られるような作り・デザインになっています。

そのかわり、一部の会員メニューにアクセスできないこともあります。
表示されていない会員メニューを開くには、ブラウザでサイトにログインが必要です。

動画のダウンロード機能もある

アプリのもうひとつの特徴として、動画のダウンロード機能があります。

動画配信サービスによっては、アプリに動画をダウンロードできるところもあります。

Wi-Fiなどでダウンロードしておけば、外出していても通信量を節約できます。
高画質の動画でも、通信量を気にせずサクサク再生できて快適です。

動画のダウンロード機能は、一部のVODだけしか使うことができません。
ダウンロード機能があるVODをまとめているので、気になる方はチェックしてみてください。

動画のダウンロード機能があるVODの一覧表はこちら

Safariではすべての会員メニューにアクセスできる

Safariで動画配信サービスのサイトを開けば、すべての会員メニューにアクセスできます。

パソコンで見ているときと同じような操作ができるので、アプリでは見れないメニューもすべて表示されます。

ただ、アプリと比べるとちょっと動画が重く感じてしまうかもしれません。
動画の再生には問題ありませんが、スムーズな再生はアプリのほうが得意です。

基本的には、

  • 動画を再生するときにはアプリを使う
  • アプリで開けない会員メニューにアクセスするときにSafariを使う

という使い分けをするといいかもしれません。

アプリでは制限されている動画も見れる

実は、スマホのアプリでは見ることができない動画もあるって知っていましたか?

例えば、R-18作品はApp Storeの制限があるのでアプリで視聴できません。
そういった動画も、Safariからアクセスすれば見ることができます。

アプリの場合は、Appleが決めた厳しい審査に合格しないといけません。
審査の基準に合わせてアプリが作られるので、メニューや動画に制限があるのかもしれません。

アプリを使ったほうが便利ですが、アプリでできないことはSafariを使えば解決できます。
使い方に合わせて、どちらもうまく使い分けてみてくださいね。

【まとめ】iPhoneやiPadでも快適に見れる

iPhoneとタブレット

ここまで、

  • アプリが配信されているVODの一覧表
  • アプリ・ブラウザ(Safari)の違い
  • アプリ・ブラウザ(Safari)の特徴・メリット

について紹介してきました。

今の時代は、ほとんどの方がスマホを使っています。
パソコンを使っている人よりも、スマホでサイトや動画を見ている方のほうが多いくらいです。

だからこそ、動画配信サービスもiPhoneやiPadで快適に動画を見られるようになっています。

特にスマホの利用者の方は多数派なので、間違いなくVODは対応していると考えても大丈夫だと思います。

iPhoneやiPadを使っている方も、安心して動画配信サービスを楽しんでくださいね。

スマホ・タブレットに向いている動画配信サービスってある?

一覧表で紹介したVODの中でも、特にスマホに向いているところもあります。
さまざまなVODを比較して、使いやすい機能やデザインになっているVODを厳選しています。

興味がある方は、こちらも合わせてチェックしてみてください。

家でも外でも!スマホで見れる動画配信サービスを比較して3つに厳選