有線と無線

動画を見るときには、有線LANと無線LANのどちらが良いか知っていますか?
どちらにもメリット・デメリットがあるので、迷ってしまうこともあるかもしれません。

ここでは、有線LANと無線LANについて説明して、どんな方におすすめなのか紹介しています。

それぞれの特徴を知れば、使う環境や目的に合わせてベストな方を選ぶことができます。
どちらにするか迷っている方も、選ぶときの参考にしてみてください。

有線LANについて【メリット・デメリット】

ノートパソコン

それでは、まずは有線LANについて説明していきます。

有線LAN接続とは、モデムやルーターから直接ケーブルが繋がっている接続方法です。
使う場所すべてに配線が必要で、ひとつひとつのデバイス(端末)にケーブルを繋げます。

複数のデバイスを繋げるには、

  • ルーター
  • ネットワークハブ

などの機器が必要です。

ルーターだと、4~5台くらいまで繋げることができます。
それ以上のデバイスを繋げるには、ネットワークハブでケーブルを分岐させます。

物理的な配線が必要なので、使える環境は限られてくるでしょう。

有線LANのメリット

有線LAN接続のメリットは、

  1. 高速通信ができるので、高画質動画もサクサク再生できる
  2. 電波の干渉が起こらないので、安定性が高い
  3. 外部から勝手に接続される心配がない

の3つです。

高速通信ができるので、高画質動画もサクサク再生できる

ケーブルが直接繋がっているので、かなり速い通信ができます。

壁やガラス、水槽などの障害物があったとしても、有線LANには関係ありません。
ケーブルさえ繋がっていれば、常に高速で通信することができます。

高画質の動画でもサクサク見れるので、

  • 4K画質
  • フルHD画質
  • HD画質

などの高画質で動画を見たい方は、有線ならいつでも快適でしょう。

一覧表と動画で比較!SD・HD・フルHD・4Kの画質の違いと解説まとめ

電波の干渉が起こらないので、安定性が高い

日常には、実はかなりの電波が飛び交っています。

  • ほかの家庭の無線LAN
  • 電子レンジ
  • コードレス電話

などの電波は、すべて干渉してしまう可能性があります。

有線なら、電波同士が干渉して不安定になることが一切ありません。
ケーブルなので当然ですが、ほかの電波とはまったく関係なく通信できます。

電波干渉で通信が途切れたりする心配がないので、どんな環境でも安定した通信ができます。

外部から勝手に接続される心配がない

有線LANは、配線したところしかネットワークに繋がりません。
外部と繋がることがないので、勝手に接続されるような心配がありません。

無線LANでもパスワードで防ぐことができますが、自分で設定が必要です。

有線LANの場合は、特に設定しなくても大丈夫です。
物理的に外部から接続できないので、そのままでもセキュリティに問題ありません。

有線LANのデメリット

有線LAN接続のデメリットは、

  1. すべてのデバイスに配線が必要
  2. たくさんのデバイスを繋げるには、別の機器が必要

の2つです。

すべてのデバイスに配線が必要

有線LANは、繋げたいすべてのデバイスに配線が必要です。
とにかく配線に手間がかかるのが、有線LANの最大のデメリットです。

ケーブルの取り回しがとても大変なので、

  • 部屋が多い家
  • 2~3階建ての家

に有線LANを配線するのは、かなりの手間がかかります。

場合によっては、業者さんに頼んで壁の中に配線も必要かもしれません。

たくさんのデバイスを繋げるには、別の機器が必要

だいたい4~5台くらいまで接続するなら、ルーターさえあれば繋げることができます。
しかし、それ以上のデバイスを繋げるならネットワークハブが必要です。

ネットワークハブを購入して、ケーブルを分岐させなければいけません。

ただでさえ配線の手間がかかるのに、台数を増やすときにも手間がかかってしまいます。

計画的に配線していかないと、ケーブルがごちゃごちゃになる可能性があります。

有線LANはこんな方におすすめ

高画質

有線LANは

  • 高画質の動画を見たい
  • 動画をサクサク再生したい
  • 常に安定した通信でインターネットを使いたい
  • 接続する台数があまり多くない(目安:5台ほど)
  • 配線がしやすい環境に住んでいる

といった方におすすめです。

手間が増えたとしても、それに見合うメリットを感じられる方に向いています。

管理人の有線LAN体験談

管理人は、有線LANと無線LANを併用しています。
有線LANの場合は、通信が速くて安定しているのを使っていて実感できます。

特に高画質の動画を見るときには、動画の再生スピードが段違いです。
フルHDの動画もサクサク再生できるので、ストレスフリーで快適です。

高画質の動画配信サービスはどれ?フルHDから4Kまで対応のVODまとめ

無線LANについて【メリット・デメリット】

Wi-Fiを使う方法

次に、無線LANについて説明していきます。

無線LAN接続とは、Wi-Fiルーターやアクセスポイントを使って無線で接続する方法です。
デバイス(端末)ごとに配線は不要なので、とにかく手軽に使うことができます。

Wi-Fiルーターの機種にもよりますが、10台くらい同時接続できます。
接続台数をもっと増やすときには

  • 有線LAN
  • ネットワークハブ

なども併用する必要があります。

物理的な配線がほとんどいらないので、さまざまな環境で使えるのが特徴です。

無線LANのメリット

無線LAN接続のメリットは、

  1. 配線する必要がない
  2. 接続する台数が増えても手間がかからない
  3. 高価なルーターを使えば、高速通信ができる

の3つです。

配線する必要がない

一番大きなメリットは、配線がいらないことです。
ケーブルが邪魔にならないので、家の中をスッキリさせたいときに便利です。

どんな場所でも、電波さえ届いていればインターネットに接続できます。
部屋が多くて配線がたいへんなときでも、無線なら安心です。

接続する台数が増えても手間がかからない

配線がいらないので、たくさんの台数を繋げるときにも手間がかかりません。

無線LANなら、どのデバイスもケーブルなしで繋がります。
設定さえすれば簡単に接続できるので、台数が多くてもすぐ使うことができます。

高価なWi-Fiルーターを使えば、高速通信ができる

無線LAN接続は、Wi-Fiルーターの種類によって性能がぜんぜん違います。

1万円以上の高価なWi-Fiルーターなら、かなりの高速通信も可能です。
有線ほどではありませんが、十分に速い速度でインターネットが使えます。

高価なWi-Fiルーターは、同時接続したときの安定性もよくなっています。
値段が高い機種はアンテナ数が多いので、台数が多くても安定した接続ができます。

なるべく高速で安定した通信をしたい場合は、1万円以上を目安にしてWi-Fiルーターを選んでみるといいかもしれません。

無線LANのデメリット

無線LAN接続のデメリットは、

  1. 電波の干渉が起こって、接続が不安定になることがある
  2. 有線LANほど高速ではない
  3. 勝手に接続されないように、セキュリティに注意が必要

の3つです。

電波の干渉が起こって、接続が不安定になることがある

無線LAN接続では、2.4Ghzという電波を使っています。
2.4Ghzの電波は日常生活にたくさんあるので、無線LANと干渉することもあります。

たとえば、

  • ほかの家庭のWi-Fiルーター・アクセスポイント
  • 電子レンジ
  • コードレス電話

などには注意が必要です。

電波が干渉すると、

  • なぜか接続が途切れたりする
  • なぜか通信が速かったり遅かったりする
  • デバイスと切れたり繋がったりする

といったことが起こります。
こんなときは、近くに電子レンジやコードレス電話がないかチェックしてみてください。

有線LANほど高速ではない

無線LANも、高価なWi-Fiルーターを使えば高速通信ができます。
動画配信サービスを見るには、十分に快適な速度です。

とはいっても、やっぱり有線LANにはかないません。
速さと安定性を最優先にするなら、有線LANがベストです。

動画配信サービスを快適に見れるネット環境・回線速度のまとめ

勝手に接続されないように、セキュリティに注意が必要

見落としがちなのが、無線LANで繋げるときのセキュリティ管理です。
セキュリティ対策をしておかないと、外部の人に勝手に接続される可能性があります。

やっておくべきことは、パスワードの設定です。
最近のWi-Fiルーターなら、最初から設定されていることもあります。

暗号化にも種類があって、おすすめは「WPA2-AES」です。
「WEP」という暗号化は、ツールを使えば簡単にパスワードが破られてしまいます。

  1. パスワードを設定しておく
  2. 暗号化の種類は「WPA2-AES」

この2点をしっかりやっておけば、勝手に接続されることはなくなるでしょう。

無線LANはこんな方におすすめ

タブレットPC

無線LANは、

  • 動画の画質はそこまで重視しない
  • ちょっとだけ通信が不安定でも気にならない
  • 配線の手間をかけたくない
  • スマホやタブレットで使うことが多い
  • 接続する台数が多い(目安:10台ほど)

といった方におすすめです。

手間の少なさや手軽さは、無線LANの圧勝です。
画質や速度をそこまで気にしないなら、無線LANのほうがずっと便利だと思います。

また、LANケーブルを繋げる端子がないデバイスは、無線で繋げるしかありません。
スマホ・タブレットをメインで使っている方なら、無線LANを選んだほうがいいでしょう。

動画配信サービスの通信量が多すぎる!VODでWi-Fiを使う2つの方法

モバイルルーターなら外でもWi-Fiを使える

家だけでなく、外でも自由にWi-Fiが使えたら便利ではないでしょうか?

いつでもどこでもWi-Fiを使いたいときは、モバイルルーターを持っていると便利ですよ。
モバイルルーターの特徴は、こんな感じです。

  • 家でも外でも、自由にWi-Fi通信ができる
  • 4G・LTE回線よりも通信が速い
  • 昼間・夕方の混雑時も、動画をサクサク再生できる
  • 通信制限なしのプランもある
  • 小型軽量なので、自由に持ち歩きできる

月額料金はかかりますが、動画・インターネットをいつも快適に見たい方におすすめです。

特に人気なのは「Broad WiMAX」で、知名度も高いサービスです。
あなたも一度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

情報をまとめておくので、興味があればチェックしてみてくださいね。

【Broad WiMAX】外でもサクサク快適に動画が見れる!

Broad wimax

特徴

  • 4G・LTE回線よりも快適に通信できる
  • 小型軽量で持ち歩きしやすい
  • ギガ放題・ライトプランから選べる
  • 業界最安値級の料金
  • すぐ届いて工事不要ですぐ使える
料金(税抜) 端末代金 最大速度 月間データ量
月額2,726円~
約88円~/日
0円 708Mbps ギガ放題プラン:制限なし
ライトプラン:7GBまで

Broad wimax
公式サイトはこちら

管理人の無線LAN体験談

無線LANはちょっとだけ不安定になると説明しました。
実際に使ってみると、使えないレベルで不安定になることはありません。

たまに通信が不安定になることはありますが、基本的には快適です。
壁やガラスなどの配置にもよりますが、無線LANでも問題なく使えます。

高速通信や高画質動画にこだわりがなければ、全然気にならないレベルだと思います。

それよりも、ケーブルを配線しなくてもいいのが本当に便利ですね。
ケーブルがなければスッキリするし、手間もほとんどかかりません。

【まとめ】場所によって使いやすい方を選ぼう

快適に見る

有線LANと無線LANの最大の違いは、

  1. 速度と安定性が高いかどうか
  2. 配線がいるかいらないか

の2点です。

使う場所や環境によって、

  • 速度・安定性を優先するなら有線LAN
  • 配線なしでスッキリ、手軽さを優先するなら無線LAN

という選び方がシンプルでわかりやすいと思います。

しっかりと比較したい方は、メリット・デメリットを参考にしてみてください。
ここまでの内容が、有線・無線を選ぶときのお役に立てれば嬉しいです。

動画を快適に見るために、動画配信サービスも比較してみよう

動画を見れる環境ができたら、いろいろな動画配信サービスもチェックしてみましょう。

動画配信サービスでは、

  • 映画
  • ドラマ
  • アニメ
  • バラエティ
  • ドキュメンタリー

などが見放題になるので、毎日がもっと楽しくなりますよ。

当サイトでは、たくさんの動画配信サービスの情報もまとめています。
あなたの好みに合わせて比較してみてくださいね。

動画配信サービス(VOD)の情報まとめ

動画配信サービスの情報まとめでは、さまざまなコンテンツをぎゅっと凝縮しています。
ここに目を通しておけば、動画の疑問や困ったこともすぐに解決できるでしょう!

  1. 優しい動画配信サービスの始め方
  2. やめたいときはすぐに解約できるの?
  3. 動画配信サービスをジャンル別に比較する
  4. 動画配信サービスの口コミ評判をチェックする
  5. 診断テストで自分に合った動画配信サービスを探す